長岡京市 裏百景

第65号

アートする家






長岡京市の裏百景 第65号 アートする家



 家の玄関はその家庭の顔。顔の相にはいくつかの種類がある。やたら飾りたて たがる家。雑然としてかまいつけない家。こざっぱりと何も置きたくない家。

 それ以外のパターンもあるが、注目するのはポイントを絞り込んでアート感覚 でお洒落な家。

 お洒落度は裕福さに比例する、というと極論だろうか。荒れたおうちが裕福な わけはない、というのは、間違ってないと思う。貧乏だから荒れるということは あるだろうが、貧しい外観が貧乏神を呼び寄せてるのではないだろうか。という より、福の神を遠ざけているというべきか。

 アートとまではいかないが、玄関先を小物でデコレーションしたがる家は多い。 よく見ると、エリアによってデコの多いところとないところに分かれる。まわり の家が飾ってるからという対抗心から飾ってる、ということはないだろうか。そ ういうデコなお宅もそれなりに楽しいのだが、写真で紹介するほどではない。

アートする家

2014.3.3























「極楽」トップページ

裏百景の最新ページ

当ページ