長岡京市 裏百景

第63号

夜の工場


夜の工場



長岡京市の裏百景 第63号 夜の工場



 日が落ちて、街はゆるやかに活動を停止していき、やがて眠りに入る。そんな中、 夜を徹して活動を続ける工場がたくさんある。夜間の電気料金が安い料金体系を利用 している例もあるし、作業サイクルの問題で機械を止められない場合もある。人々が 寝ている間も、動き続けている。社会が滞りなくまわっていくため、動き続けている ものもある。

夜の工場

2013.12.30


夜の工場
夜の工場 夜の工場
夜の工場




「極楽」トップページへ

裏百景の最新ページ

当ページ