長岡京市 裏百景

第51号

アナーキーなメッセージ




長岡京市の裏百景 第51号 アナーキーなメッセージ
 穴あきメッセージです。上の「カウンターまで」というやつ。2文字ぶん、何 をカットしたんだろう。いくつか考えられるが、カットした理由まで含めて考え ると、わからない。

 これも謎です。謎が深い。6文字。最初の3文字はかろうじて「消費者」と読 めました。あとの3文字。さてなんでしょう。

 赤のペイントが退色して消えるのが普通ですが、下を見てのとおり、これは黒 です。なぜ一文字だけ消えてるんでしょうか。謎のメッセージです。
 

 何に何をあてないで? 色は落ちても痕跡が残っています。

 「空あります」という詩的なメッセージ。「空きあります」ということなんで すね。

 不思議な看板で、上のと下のとは裏表なんだけど、両方をつないで意味が通じ るようになっている。こんな器用な読み方、誰がするんか!
 

 2017.9.5








「極楽」トップページ

裏百景の最新ページ

当ページ