突然!ネタばれしても委員会

第18回

『焼肉ドラゴン』



瓶詰めキムチ


 ここはネタばれオンリーのコーナーです。
これから観る方は、観てから読んでくださいね。

『焼肉ドラゴン』
2018年度作品 監督:鄭義信 配役:真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、大泉洋、大谷亮平、ハン・ドンギュ、    イム・ヒチョル、宇野祥平、大江晋平、根岸季衣、イ・ジョンウン、キム    ・サンホ、ほか 配給:KADOKAWA、ファントム・フィルム


 それぞれに役者はいいし、いい線いってるのですが。ラスト近くの話の持って いきかたに納得がいかず、引っかかってしまいます。  ストーリー説明は省略します。終盤に焼き肉屋の息子(大江晋平)が自殺しま す。在日朝鮮人であることにを主な理由に、進学校でいじめにあっていた。  母親(イ・ジョンウン)は朝鮮人学校への転校を訴えるが、父親(キム・サン ホ)はかたくなに認めない。日本の高度な教育を受けさせることが貧困からの脱 出に必要だと信じている。そのこと自体には誤りはない。だが息子が危険な状況 に陥っていることを認識しようとしない。  自殺の原因がいじめだとしても、父親が死に追いやったことは明らか。なのに 悔悟の念はかけらも見えない。どころか(日本に対して)「息子を返せ」などと 叫んでいる。責任転嫁に思えてならない。ここで引いてしまう。  在日朝鮮人を悪く描いてるわけじゃないのは明らか。なのに描写上は「韓国人 って身勝手」というイメージを与える。これって、間違ってると思いません?    2018.7.8




第17回 『哭声 コクソン』

第16回 『リップヴァンウィンクルの花嫁』

第15回 『ふたり自身』

第14回 『スター・ウォーズ フォースの覚醒』

第13回 『プリデスティネーション』

第12回 『0.5ミリ』

第11回 『ゴーン・ガール』

第10回 『複製された男』

第9回  『戦争のはらわた』

第8回  『ライク・サムワン・イン・ラブ』

第7回  『KAMIKAZE TAXI』

第6回  『ミスト』

第5回  『メランコリア』

第4回  『二十四の瞳』の24の曲

第3回  『シベールの日曜日』

第2回  『ぼくのエリ 200歳の少女』と『モールス』

第1回  『心中天使』


「極楽」トップページ(船越聡)

当ページhttp://funakoshiya.net/netabare.htm