節電トライアル




節電トライアル



 関電の検針といっしょに案内チラシが入った。「節電トライアルしませんか」と。捨てかけて「最大でQUOカードが2500円」に目が留まった。割高なコンビニは利用しないが、無料なら別。

 7月から9月まで、前年より15%の節電を達成すれば2500円。電気の節約はすでに乾いたタオルを絞りきった状態。さらにこのうえ15%節電できるんだろうか。

 電気料金は普通の家庭にくらべて1桁小さい。家電も少ない。少ないからこそ、それぞれの使用法を個別に見直せるんじゃないか。電気代も抑えられたら一石二鳥。申し込んでみることにした。

 電力使用の最大は冷蔵庫。目盛りが「弱」寄りになってるところをさらにぐいっと「弱」寄りへ。ドアを開けたすぐ閉めるを徹底。もともとストックは少ない。腐らせるほど長く入れっぱなしにする食品はない。

 蛍光灯はすべて一灯に。オレンジ色の豆球を使ってないことに思い至り、ポイ捨て。

 パソコン使用、ネットアクセスはだらだら続けず、集中する。音楽の一日中つけっぱなしも、やめ。

 洗濯は洗剤を少なめにして手洗い。脱水一回のみモーターを使用。あとは手ですすいで手絞り。二回以上すすがない。

 掃除機は使用しない。畳や床は軽く湿らせた布や雑巾でふけばいい。カーペットはベランダで叩くか、浴槽で足踏み洗い。全面カーペットではなく、中型サイズのを2枚並べてます。本棚など大きな家具を動かす必要がないので、交換するのは手間ではない。

 換気扇の使用は以前より減らした。長時間煮るとか、におい、煙、油飛沫が出るものは使うが、たいがいは使わない。普通に使ってて、二酸化炭素濃度が危険なレヴェルに上昇することは絶対にない。

 テレビ・DVD再生機・エアコン・電子レンジはありません。ほかはオーブントースターと扇風機があるぐらい。使ってないもののプラグを抜く(パソコン含む)はすでに実行してるので、ほとんど見直す余地はなかった。

 屋内にべったり居座ってると、なにかと電気を消費する。各種イヴェント・講座・ワークショップなどを捜しまくり。面白そうなのがあればスケジュールに入れる。無料か、有料でも500円までのイヴェントはたくさんあります。各種施設で発行してるメルマガは購読してます。ないところはスケジュール等をサイトでチェックする。チラシスタンドもまめにチェックしています。

 暑いけど、アウトドアも悪くない。ハイキングルート地図を作ってるという名目があるので、行き先には困らない。サイクリングしてついでに買い物し、自分のサイトのネタ捜しする。


 7月度の使用料が決まったとメールが来た。関電サイトをチェック。前年対比で38%の削減。料金は1200円だった。やったね! 楽勝。

 やればできる。というか、気持ちの持ちようだ。日本の未来のため、原発は全部停止、封印。

ひょっこり通信 2012.9.9




省エネカフェ by エコノジー

省エネの省劇場「省エネナビ日誌」

Forward to 1985 energy life

極楽page 船越聡君のサイトのトップページです

ひょっこり通信のページ

当ページhttp://funakoshiya.net/hyokkori/setsuden.htm