生活改善十条



回し車



1 パソコンに向かって怒鳴らない。悪態をつかない。「よく仕事してくれてるね」と、ねぎらいの言葉をかけてやる。

2 日々歩き回ること。一日の歩数1万をめざす。エレベーターに乗らない。エスカレーターはスルーする。階段をめざせ。

3 日々のストレスはほどほどに。多くもなくゼロでもない。生活にハリが生まれる程度のストレスで。

4 食事は満腹ではなく、満足をめざす。満足するためには美味しいものをゆっくり咀嚼しよう。ワンパターンな食事を脱し、新しいものを試してみよう。シチュエーションを変えよう。屋外で食べよう。友だちと楽しく語らいながら食べよう。

5 世に出回っている健康情報を疑おう。積極的に無視しよう。特に「○○は健康によくない」「○○は体にいい」情報は全部眉唾と認識しよう。

6 いろんなものに興味を持とう。好奇心を働かせよう。わからないことをとことん聞いてみよう。やってみたいことがあったら即やってみよう。

7 寝る前に今日一日やったことを反芻し、満足する。起きるときは、今日やることを思い起こして楽しみにしつつ。

8 生活習慣をあっさり変更してみる。自分に合わないと思ったら戻す。今日は昨日とは別の一日。明日は今日と違う一日。毎日違う一日を暮らす。同じサイクルで日々を過ごすと、時間は疾風のごとくに去っていく。

9 人にものを頼むことを遠慮しない。こっちが頼まれれば億劫がらずに応じればいい。ただし、頼むばかりの自分本位一辺倒の人物に対しては、遠慮なくきっぱり断る。断ることも交際術の一つ。

10 自分が幸せかどうか、気にしたり気に病んだりしない。自分が楽しめてるかどうかを意識しない。意識せずとも、楽しければ楽しい。幸せや楽しくを目的化するの、やめましょう。


 なんだか努力目標ばかりが並んだような気もします。口先ばかりじゃなく、やらなきゃね。


 運動量計とも言いますが、活動量計を購入しました。fitbit charge。税込1万7千円。

 腕時計みたいなリストバンドタイプです。パソコン経由でデータを会社サイトへ自動的に送られる。サイトでデータを見、必要ならダウンロードする。数値とにらめっこの日々。


 アルバイトがなくなって働かなくなると、運動量が激減し、健診結果の数値がことごとく悪化しました。特に中性脂肪値がやばい。

 体を動かすためのモチベーション作りが必要。動機づけの一つは山の中の地図作り。行ける範囲で山道の探索を続けています。動機づけのもう一つは活動量計です。

 年をとると健康が財産だとしみじみ思います。これまではとりたてて体に問題がなく、最後に病院へ行ったのいつだったっけ、という健康さが取り柄でした。

 4月にまた仕事を始めました。肉体労働。働くことは健康につながると実感します。


ひょっこり通信 2017.6.18





或阿呆の一日

ホームポジション

ゴミだゴミだゴミだ

人生の法則 (わが家の法則?)

年とれば釣瓶落とし

極楽page 船越聡君のサイトのトップページです

ひょっこり通信のページ

当ページhttp://funakoshiya.net/hyokkori/Kaizen.htm