突然!ネタばれしても委員会

第16回

『リップヴァンウィンクルの花嫁』



『リップヴァンウィンクルの花嫁』


 ここはネタばれオンリーのコーナーです。
これから観る方は、観てから読んでくださいね。

『リップヴァンウィンクルの花嫁』
2016年度作品 監督:岩井俊二 配役:黒木華、綾野剛、Cocco、原日出子、毬谷友子、和田聰宏、金田明夫、    りりィ、野間口徹、紀里谷和明、ほか 配給:東映


 この映画、肝心な部分を明らかにしないまま終わっている。皆川七海(黒木華) をハメて離婚に追い込んだのは誰なのか。  単純に考えれば安室(綾野剛)ということになるだろうが、動機がない。七海 を自分のものにしようとするわけでもない。騙して金を巻き上げるでもない。実 行したのは安室でも、依頼した人物がいるはず。  思い当たったのは、真白(Cocco)。確認するため、映画をチェック。しかし 七海が真白に初めて会ったのは七海の離婚事件のあとだった。振り出しに戻った。  誰が安室のうしろで糸をひいてるんでしょう。七海の結婚相手は違うだろう。 相手の母親の可能性は消せないが、安室自身がその可能性を口にしている。その ことが可能性を消している。自分の依頼者が七海を陥れたと七海に喋るはずない。  安室も怪しげだ。七海の結婚相手がマザコンだったという調査結果も作り物く さい。離婚前に真白が七海を知っていたという線はないのかと、今もその可能性 にしがみついている。七海が真白の館で住み込みのメイドを始めたのは、真白の 差し金なのは間違いない(それすら明示していないが)。だから最初から真白の 計画だった、ということになればすっきりするのだが。  結局のところ、背景事情について確実なことは何一つ判明せず。もちろん話を 書いた岩井俊二は背景を描いてるんでしょう。まあこの人が論理で描いてる気は しないんだけど。正解を誰か知りませんか?  ネット上にはいろんなこと書いてる人いるね。どう解釈しようと自由だけど。 安室はいかにもうさんくさいが、悪党じゃない。    2016.12.5




突然!ネタばれしても委員会 最新ページ

「極楽」トップページ

当ページhttp://funakoshiya.net/cinema/neta016.htm