突然!ネタばれしても委員会

第14回

『スター・ウォーズ フォースの覚醒』



Daisy Ridleyと獅子舞


 ここはネタばれオンリーのコーナーです。
これから観る方は、観てから読んでくださいね。

『スター・ウォーズ フォースの覚醒』
2014年度作品 監督:J・J・エイブラムス 原題:Star Wars: Episode VII - The Force Awakens 配役:デイジー・リドリー、ジョン・ボヤーガ、オスカー・アイザック、ドーナ    ル・グリーソン、アンディ・サーキス、マックス・フォン・シドー、マー    ク・ハミル、ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャー、ピーター・    メイヒュー、アダム・ドライバー、ワーウィック・デイヴィス、ほか 配給:ディズニー


 観ていません。なのでここに書くのは空想です。「こんなふうな話になってる んだろう」という憶測。当たってる可能性はあります。  映画館で観たのはエピソード4のみです。ファンではないことを明らかにして おきます。エピソードの1と2もいちおう観てます。  細かい部分はわかりませんので全部すっ飛ばします。デイジー・リドリーと、 ダークサイドに落ちたマーク・ハミルとの対決が新シリーズでの大きなポイント となります。  マーク・ハミルは、敗れて息をひきとる間際にになってようやく改心し、「実 はお前は私の娘で」という話になるわけです。ほとんどエピソード6(観てない けど大筋は知ってる)の焼き直し。ひょっとしてこの部分は7ではなく、もっと あとになるのかな?  どんどん次の世代にバトンタッチしていって、ひょっとして新シリーズ、エピ ソード10なんてのが出てきかねません。あんだけめちゃくちゃなヒットしてる シリーズを、9であっさり終了させられますか? 商魂の鬼のディズニーさん。    2016.1.15




突然!ネタばれしても委員会 最新ページ

「極楽」トップページ

当ページhttp://funakoshiya.net/cinema/neta014.htm