突然!ネタばれしても委員会

第10回

『複製された男』



複製された男


 ここはネタばれオンリーのコーナーです。
これから観る方は、観てから読んでくださいね。

『複製された男』
2013年度作品 監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴDenis Villeneuve 原題:Enemy 原作:ジョゼ・サラマーゴJosé Saramago 配給:クロックワークス/アルバトロス・フィルム 配役:ジェイク・ギレンホール/メラニー・ロラン/サラ・ガドン/    イザベラ・ロッセリーニ、他


 ミニシアター向きのこの映画をなぜシネコンで上映するのだろう。過剰説明に 慣れきったテレビ観客には歯が立たない映画だ。シネコンでこういうのを上映す る場合、ミニシアター枠として色分けした上でスクリーンに乗せなければならな い。映画と観客のミスマッチを防いで、観客の満足比率を上げる努力が要求され る。  身体的にまったく同一の男がいることを発見し、二人は接触する。ジェイク・ ギレンホールが外見のみ同一の二人を演じる。これ以上の説明は不要と思う。あ とは観るものが勝手に判断することだ。  やや食い足りない気分だったが、いくつか気になるポイントがあって、あれこ れ思いがあとに残った。  巨大なクモ(アシダカグモか?)は主人公の内なる悪魔を象徴しているのか。  妊婦(サラ・ガドン)は何を思って大学教員(ジェイク・ギレンホール)をベ ッドに誘ったのか。不実な夫(これもジェイク・ギレンホール)への意趣返しか。  最も気になったのは、教師が大学で教える講義内容。歴代の独裁者が民衆を統 治する手法について講義している。ローマでは民に娯楽を与え、不満を発散させ た。また別の例では知識を持つことを恐れて教育を制限した。映画の本筋とつな がってるようには見えない。関係ないと言い切るには印象が強すぎる。  この映画は何も説明しようとしない。ラストも、肝心の真相などどうでもいい とばかりに、唐突に終わる。観る側に読み解く意志を要求している。  クモはサラ・ガドンかもしれない。ジェイク・ギレンホールかもしれない。    2014.7.23 [追記]  ネタバレサイトを見ると主人公は多重人格で、役柄の上でも一人の人間だとい うことになっている。映画の中ではそういうふうに描かれてはいない。いいかげ んなことを言うんじゃない。




突然!ネタばれしても委員会 最新ページ

「極楽」トップページ

当ページhttp://funakoshiya.net/cinema/neta010.htm