突然!ネタばれしても委員会

第9回

『戦争のはらわた』



Cross of Iron


 ここはネタばれオンリーのコーナーです。
これから観る方は、観てから読んでくださいね。

『戦争のはらわた』
1977年度作品 監督:サム・ペキンパーSam Peckinpah 原題:Cross of Iron 原作:ウィリ・ハインリッヒWilli Heinrich 配給:富士映画 配役:ジェームズ・コバーン/マクシミリアン・シェル/デヴィッド・ワーナー/    ジェームズ・メイソン/センタ・バーガー/ブルクハート・ドリースト、他


 ずっと引っかかっている。ジェームズ・コバーンはなぜ映画の最後(エンドクレジ ットのあと)で「くそっ!(Shit!)」と言ったのか。なぜテレビ放映やビデオでは このセリフがカットされたのか。この点に関してとことん探求してるサイトが見当た らない。  後者のほうは「不謹慎」が理由だろう、と思っている。エンドクレジットでえんえ んと虐殺される子供たちの静止写真を見せたあと、侮辱するかのような文言を投げつ けたのなら、セリフの意図がどうであろうと、抗議を受けるかもしれないと心配した、 ということは十分考えられる。  制作側の意図はなんなのか。わからなくはない。「あほくさい茶番にいつまでもつ きあってられるか!」だろうといちおうは思っている。確証はない。犠牲者をばかに してるはずはない。  この映画は映画史上の10本に入れたいぐらいの傑作なので、とことん追究したい のですが、これぐらいしか思いつけない。情けない。  原題の"Cross of Iron"はドイツ軍の鉄十字勲章で、ドラマの鍵としても登場す る。ドイツ軍で「アイアン」と言えばこれのことだとわかるはずなのですが、『アイ アン・スカイ』の紹介で「兵器」のことだと書いた人がおられました。ツッコミを入 れようかなとしばらく躊躇しました。完全に蛇足ネタですね。    2013.1.8




突然!ネタばれしても委員会 最新ページ

「極楽」トップページ

当ページhttp://funakoshiya.net/cinema/neta009.htm