突然!ネタばれしても委員会

第8回

『ライク・サムワン・イン・ラブ』



Like Someone In Love


 ここはネタばれオンリーのコーナーです。
これから観る方は、観てから読んでくださいね。

『ライク・サムワン・イン・ラブ』
2012年度作品 監督:アッバス・キアロスタミAbbas Kiarostam 原題:Like Someone In Love 配給:ユーロスペース 配役:奥野匡/高梨臨/加瀬亮/でんでん/鈴木美保子/窪田かね子/岸博之/    森レイ子/大堀こういち/辰巳智秋/春日井静奈、他


 サミール・ナデリの『CUT』もだったが、アジアの監督を使って新しい日本映画 を作ろうとする試みがどうにもうまくいってない。こちらはうまくいったかのように 見えたのに、結局失敗している。  何が問題なのか。制作スタイルに問題があるのではないか。キアロスタミ監督は俳 優に毎日一日分の台本しか渡さなかったそうだ。本国イランでは素人俳優を使うから それでいいのかもしれないが、こっちじゃプロの俳優が演技する。全体が見えないと 演技計算ができない。だから話がうまくつながらなかったのだと思う。  ストーリーに矛盾があっても、キャスト・スタッフが指摘できなかったということ はあるだろう。後半はガタガタで、ツッコミどころだらけ。なんでノリアキがタカシ の家へ乗り込んでくる? 場所を知らないのに。あとをつけてきたというのは説明に ならない。明子が風俗(デート嬢)やってることも、ノリアキにバレるような話の流 れになってない。話の矛盾をいちいち全部あげつらうと長文になるので、それだけに する。  意味のないシーンの多発も気になった。タカシが信号で停車して居眠りするシーン は長いが、映画の前後でつながるものがない。無意味なシーンやカットは多い。なん のために上映時間を引き伸ばしてるのか。90分足らずだと短すぎると考えたのか。  主演の奥野匡はセリフと動作のないとき、チック症かストレスゆえと思うが、始終 首から上をぐねぐねと動かし続ける。落ちつくべきところでも落ちつきなく動き続け るので、ひどく見苦しい。止められなかったのか。  欠点ばかりあげつらったが、魅力あるシーンが前半にはある。タクシーに乗る明子 がおばあちゃんからの留守録を聞き続けるシーンには心動かされる。後半にはこれと いったシーンがない。  日本国内で日本映画を撮ることにこだわる必要はない。俳優もスタッフもどんどん 外へ出ていって仕事したらいい。外国人とは感覚的な違い、制作手法の違いはある。 コラボを重ねて、もっと日本映画の可能性を拡げていってほしい。    2012.10.24




突然!ネタばれしても委員会 最新ページ

「極楽」トップページ

当ページhttp://funakoshiya.net/cinema/neta008.htm