突然!ネタばれしても委員会

第7回

『KAMIKAZE TAXI』



Kamikaze Taxi


 ここはネタばれオンリーのコーナーです。
これから観る方は、観てから読んでくださいね。

『KAMIKAZE TAXI』
1995年度作品 監督:原田眞人 原題:Kamikaze Taxi 配給:ビターズ・エンド 配役:高橋和也/役所広司/片岡礼子/ミッキー・カーチス/矢島健一/中上ちか/    内藤武敏/田口トモロヲ/根岸季衣/塩屋俊/シーザー武志/渡辺哲、他


 観たかった映画をつたやの旧作(邦画アクション)で見つけたときは狂喜乱舞。予 想を裏切らない傑作でした。  恋人と友人を殺されて組織に反旗を翻したチンピラ、日系ペルー人のタクシー運転 手、フーテン娘。復讐のための道行きとしては奇妙な三人連れだが、不思議と調和し ている。  三人組の中で、世間の裏側をゆらゆらとたゆたう女を片岡礼子が演じている。当時、 こういったわけのわからない女を演じさせれば絶品だった。  ペルー人を演じるのはおおなんと役所広司なんですよ。これが意外なはまり役。日 本語はたどたどしいのに、ときどき混じるスペイン語に切り替わったとたん、発音が クリアになる。そのアンバランス感が絶妙。彼がラストで大暴れするのは伏線が明示 している。  見どころはありすぎるが、全部列挙しない。ネタばれ専門コーナーなので、エンデ ィング。撃たれて死にゆく男(ミッキー・カーチス)と、撃った男(役所広司)との 悠長な会話がえんえんと続く。ありえないのに妙にリアルなシーン。肌が粟立ち、発 狂しそうになった。  「ちょっとあんた、急いでる? 急いでないんだったら、なんであんたが私を殺す のか教えてくれないか」  「どこから言えばいいのか」  「ちゃんと初めから説明してくれ」  そう言われて暗殺者は1964年の日本出国から語り始める。もちろんこの件とは なんの関係もない。なぜ殺さなければならないのかを彼は理路整然と説明できない。 「頼むからはしょってくれ。もうもたないんだ」と涙声で言われても、暗殺者は順々 に不器用に語っていくことしかできない。自分がなぜ殺されたのかもわからないまま 死んでいく。このことじたいが最高の復讐になっていることに気づく。これは隠れた 傑作だ。    2012.6.11




突然!ネタばれしても委員会 最新ページ

「極楽」トップページ

当ページhttp://funakoshiya.net/cinema/neta007.htm