突然!ネタばれしても委員会

第6回

『ミスト』



ミスト


 ここはネタばれオンリーのコーナーです。
これから観る方は、観てから読んでくださいね。

『ミスト』
2007年度作品 監督:フランク・ダラボン 原題:The Mist 原作:スティーヴン・キング 配給:ブロードメディア・スタジオ キャスト:トーマス・ジェーン、ローリー・ホールデン、マーシャ・ゲイ・ハーデン、      アンドレ・ブラウアー、トビー・ジョーンズ、ネイサン・ギャンブル、他


 驚愕のホラーサスペンス。エンディングがあまりに強烈で、ネタばれOKのページ でもこのラストは書くのがはばかられます。エンドは原作にないものをもってきて、 原作者をうならせたエンドです。  モンスターは出てくるけど、こいつはさほど怖くない。怖いのは人間心理でした。 人間は思わぬ間違いをしでかす。そこに焦点を当てたのがすばらしい。  今回は特別にネタばれをしません。キネマ旬報の2008年6月下旬号(No.1509) で「立川志らくのシネマ徒然草」に書かれていたことがいまだにひっかかってるので、 書かせてください。  立川志らくはこのラストを「蛇足」と書いてるのです。ラスト部分を伏せて書いて るので、どう「蛇足」なのかがわかりづらい。熟読し、彼がラストシーンの意味を取 り違えていることを知りました。あそこを理解できない観客がいるとは思わなかった。  問題のシーンの直前、主人公のトーマス・ジェーンは4発しか残ってない銃弾を確 かめ、生き残りのメンバー(その中に自分の子供もいる)と視線をかわす。無言のこ のシーンで何を語っているのかは明白。そのあと直接映像では見せないが、銃声が4 発。火花も四つ見える。これで何が起こったのかがわからずにハッピーエンドと思う のはウルトラボケです。  立川志らくはその後、一度として訂正を載せなかった。誰も間違いを指摘しなかっ たんでしょうか。キネマ旬報の編集者も映画を観てるでしょう。どうかしてると言い たい。    2012.5.10




突然!ネタばれしても委員会 最新ページ

「極楽」トップページ

当ページhttp://funakoshiya.net/cinema/neta006.htm