突然!ネタばれしても委員会

第5回

『メランコリア』



メランコリア


 ここはネタばれオンリーのコーナーです。
これから観る方は、観てから読んでくださいね。

『メランコリア』
2011年度作品 監督:ラース・フォン・トリアー 原題:Melancholia 配給:ブロードメディア・スタジオ キャスト:キルティン・ダンスト、シャルロット・ゲンズブール、ステラン・スカル     スゲールド、ジョン・ハート、シャーロット・ランプリング、キーファー・     サザーランド、ウド・キアー、ほか


 小惑星が地球に激突し、人類は死滅します。この映画、人によりいろんな捉え方を されていて面白い。僕がこの映画に対して共感を覚えた部分について、言及したもの が今のところ見つからない。なら、書く意味はある。  ジャスティン(キルティン・ダンスト)は物事を見通す能力がある。彼女は地球以 外には生物がいないと断言している。小惑星が地球と衝突し、地球が惑星としての死 を迎えることを見通している。彼女の言う通りだとすると、全宇宙が死の世界に包ま れることになる。  知的生命体との遭遇は映画や小説で何度も描かれてきた。でも、実際は地球以外に 知的生命体はいないと思うんだ。いると思いたがるのは希望的観測。知的生物が誕生 するための環境条件は厳しく、地球は全宇宙の中でまれな恵まれた環境を持っている。 地球のような恵まれた条件を持つ天体はまだ発見されていない。  地球が死に、全人類が死滅したとするどうなるか。宇宙全体が残ってもそれを認識 する主体が存在しないことになる。それがどういうことなのかはよくわからない。わ からないけど恐ろしい事態になるのではないか。意識も認識も存在しない世界。広大 な死の世界の広がる空間。それは恐ろしい。  この映画はそうしたことを強く主張してるわけでない。ほのめかしただけ。それに 誰も気づいてないのか。僕には、人類はもっと危機意識を持てと示唆しているように 見えたのだが。    2012.3.26




突然!ネタばれしても委員会 最新ページ

「極楽」トップページ

当ページhttp://funakoshiya.net/cinema/neta005.htm