突然!ネタばれしても委員会

第3回

『シベールの日曜日』



シベール


 ここはネタばれオンリーのコーナーです。
これから観ようという方は、観てから読んでください。

『シベールの日曜日』
1962年度作品 110分 スタッフ 監督&脚本:セルジュ・ブールギニョン 脚本:ベルナール・エシャスリオー 撮影:アンリ・ドカエ 音楽:モーリス・ジャール 原題:Les Dimanches de Ville D'Avray(ダヴリー村の日曜日) キャスト シベール(フランソワーズ)パトリシア・ゴッジ ピエール         ハーディー・クリューガー マドレーヌ        ニコール・クールセル カルロス         ダニエル・イヴェルネル



 ラスト近くのカットされた幻のシーンについて、誰も正確なことを書いてないよう なので記します。  ピエールがふざけてナイフを振りかざし、シベールに迫る。それを見た警察官がピ エールを射殺します。この部分がカットされています。ふざけて振りかざすシーンは 中盤にも存在しますが、こちらはカットされていません。  なぜカットされたのか。一部の人が該当シーンを見て、ピエールがシベールを本気 で殺そうとしたと見たわけです。しっかり目を見開いて見ていれば勘違いするはずは ない。けど、人はしばしばとんでもない勘違いをやらかす。誤解を招くシーンだとし て、カットされました。  死んだピエールが倒れ、手元にナイフが落ちている。そういうわけで、やや唐突に 感じられるシーンへとつながるわけです。  キネマ旬報5月下旬号でも鬼塚大輔が書いている。彼も誤解組です。ピエールが実 は異常性格の殺人者だったのでは、などと思ってしまったわけです。ンなワケないで しょうに。  午前十時の映画祭ヴァージョンでもそのシーンはありません。一般に公開されてい る映像で、そのシーンを確認できるのがあるかもしれません。DVDを販売するサイ トで116分としているものがあるからです。 [蛇足]  パトリシア・ゴッジは正しくはゴッツイなのですが、女の子に「ごっつい」はさす がにまずいという、配給側の配慮でしょう。ゴッツイ Gozziという名字から想像でき るようにイタリア系です。デビュー作はギャング映画。これが4本目で、1本のTV 映画を含めて出演作は7本のみ。惜しまれつつ十代で引退しました。    2011.10.18




突然!ネタばれしても委員会 最新ページ

「極楽」トップページ

当ページhttp://funakoshiya.net/cinema/neta003.htm