突然!ネタばれしても委員会

第2回

『ぼくのエリ 200歳の少女』と『モールス』



モールス
 ここはネタばれオンリーのコーナーです。
これから観ようという方は、観てから読んでください。

『ぼくのエリ 200歳の少女』
2008年度作品 配給:ショウゲート Lat den ratte komma in [La゜t den ra¨tte komma in] / Let the Right One in 115分 スタッフ 監督:トーマス・アルフレッドソン 原作・脚本:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストJohn Ajvide Lindqvist『モールス』 キャスト オスカー   カーレ・ヘーデブラント エリ     リーナ・レアンデション



『モールス』     
2010年度作品 配給:アスミック Let Me In 116分 スタッフ 監督&脚本:マット・リーヴス 原作・脚本:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストJohn Ajvide Lindqvist『モールス』 撮影:グレッグ・フレイザー 音楽:マイケル・ジアッキ キャスト オーウェン  コディ・スミット=マクフィー アビー    クロエ・グレース・モレッツ 男      リチャード・ジェンキンス 警官     イライアス・コティーズ





 『ぼくのエリ 200歳の少女』を観たのは去年の10月です。原作は読んでいま せん。  映画の中ほどでオスカー少年の先行きが見えた。じいさんと同じ運命をたどる。結 末は予想通りだったが、つい最近、そうではなかったことが判明した。『モールス』 を観たとき、細部に至るまで『ぼくのエリ』とほとんど同じと思ったのも、間違って たことになる。  原作ではエリ(吸血鬼)は少年であり、本当の名はエリアス。エリザベスではない のです。つき従う老人は元少年ではなく、少年愛嗜好者の元教師。『ぼくのエリ』で はその背景をすべて省略している。  少年と少女の恋物語がリフレインされているわけじゃなかった。なぜそういう設定 でなければならなかったのかは、読んでないからわからない。  『ぼくのエリ』でエリが男であることを示すシーンは、着替えるときに裸になる場 面ぐらい。映倫がこのシーンを通させなかった。配給会社は性器にボカシを入れざる をえなかった。これにより、話の設定そのものが変わってしまい、オスカーの狼狽は、 たんに裸をいきなり見てうろたえた、ということになってしまった。  『モールス』ではアビーの裸のシーンはない。男だと明確に示すシーンはなく、女 の子として描かれている。そのほうがいいんじゃないか。少年と少女の恋と変質がく り返される。そういう設定のほうが切なさが浮き上がってくる。  『モールス』は細部の映像にまで神経が行き届いていて、個人的には今年のベスト テンの一本です。ただ、クロエ・グレース・モレッツのキャラがアビーとどうしても 重ならない。モレッツは翳りのある少女より、シニカルで明解でパワフルな女の子、 というイメージがありすぎるようです。    2011.8.25




突然!ネタばれしても委員会 最新ページ

「極楽」トップページ

当ページhttp://funakoshiya.net/cinema/neta002.htm