突然!ネタばれしても委員会

第1回

『心中天使』



心中天使


『心中天使』

2011年度公開作品 配給:マコトヤ 読み:しんちゅうてんし Synchronicity Shinchuu Tenshi 98分 スタッフ 監督:一尾直樹 エグゼクティブプロデューサー:来間紘、松波頼明 プロデューサー:大塚馨、井澤昌平、川村晃司、阿部祥三、松波宏忠 脚本:一尾直樹 撮影:金子正人 美術監督:安藤伸 照明:田村文彦 録音:弦巻裕 スタイリスト:篠田早苗 ヘアメイク:和園子、福島久美子 音楽:倖山リオ 音楽プロデューサー:中西聡 主題曲/主題歌:angela キャスト アイ     尾野真千子 ユウ     郭智博 ケイ     菊里ひかり(桜井ひかり) アイの父   國村隼 アイの母   萬田久子 ケイの母   麻生祐未 ケイの母の恋人 風間トオル 音楽大学教授  今井清隆 ユウの恋人  遠野あすか 猫を抱く女  内山理名





 ネタばれありというよりネタばれのみのページですので、これから観ようという方 はページをコピーするかダウンロードして、観てから読んでください。知らずに観る ほうが確実に面白いので。  話は簡単です。男女の天使二人。いつのまにか人間界にまぎれこみ、天使であるこ とを忘れて暮らしている。あるとき自分が天使であることを思い出し、人間界を去っ てしまう。  二人には家族や恋人がいるのですが、天使が去ったあと、関わったいくつかの家族 が再統合され、欠落を埋めます。アイには両親がいた。娘が消えたあとのポジション には別の家庭からスライドされてケイが収まる、といったぐあいに。  ユウには恋人がいた。あぶれた恋人はなんと韓国へとばされてしまう。空間トリッ プ。竹林をさまよい、林道に出ると自転車に乗った韓国人の女と出会う。「あんた大 丈夫?」ときかれて「私、韓国語わかりません」と、韓国語で言うんだよね。「なに 冗談言ってるの」と言われるシーンで爆笑。韓国へとばされるだけでなく韓国人に変 身させられてしまう。このムチャクチャなストーリー転換が面白くて受けてしまった。  それまでの話は相当に地味で、退屈に感じるほどだ。ラストで急な転調があり、猫 女の存在とか、意味のつかめない部分もある。冒頭のセリフ「先生、一人多い」とい うシーンから類推するに、ケイも明らかにまぎれこんだ天使の一人なのだが、その後 がどうなるのかもわからない。  「一人多い」というセリフで座敷童の話かいなと思った人は僕だけじゃないと思う。 これはある意味、座敷童なのかもしれない。あるいはかぐや姫の話なのかも。  「しんじゅう」ではなく「しんちゅう」なので、心中物ではありません。ちゃんと ルビふっといてくれないと、ちょっとわかりにくいよね。    2011.7.2




突然!ネタばれしても委員会 最新ページ

第3回 『シベールの日曜日』

第2回 『ぼくのエリ 200歳の少女』と『モールス』

「極楽」トップページ

当ページhttp://funakoshiya.net/cinema/neta001.htm