省エネの省劇場 その17
0円マーケット常設ボックス計画


 計画だけはするが、実行できない。アパート住まいなので。

 こういうものを家の前に出しておくだけ。「ご自由にお持ち帰りください」と。「ご自由に お持ち込みください」とも。観音開きの箱から勝手に持って行って、勝手に入れていく。ただ それだけの箱を置く。  こういうものを設置する場合、個人でやると死んだスペースになリかねない。そこに地域コ ミュニティが存在し、協力しあえる態勢があれば、品物の出し入れが頻繁になり、生きてくる。 いつ行っても同じものがあるだけという状態は死んだ状態です。  商業的な流通網とは無関係な場で、自然発生的に自己増殖していくミニマムな流通ネットワ ークを夢見ています。そういうものはありえないだろうか。  どなたか、自宅の前に0円ボックスを置いてみようという方はおられませんか。通える距離 なら積極的にサポートしますよ。 2018.9.12

極楽トップページ

省エネカフェのトップ

[省エネの省劇場]

0円マーケット常設ボックス計画 当ページ

ズボラ省手間主義

シンプルライフだ!めざせミニマリスト

エアコンつけっ放しは省エネという都市伝承を検証する

デスクトップ画像で節電?

スーパーのリサイクル回収

生ゴミは何日で分解するのか

ゼロ円ショップ開店記

ゼロ円ショップの簡単レシピ

省エネナビ日誌

クリーンプラザおとくに(乙環)再訪

個別家電の使用電力量

ミヤコちゃんの部屋(四コマ)

生ゴミを一か月

腐葉家族(腐葉土による堆肥化)日誌

リサイクルプラザの分別処理

電気代月千円生活(一人当たり)

LED電球とペットボトル