省エネカフェ 第26回
「食べられる野草の摘み草」

省エネカフェは、省エネに関する意見とアイディアを交換するための「場」です。
ご意見、お待ちもうしております。
主催:省エネカフェ長岡京
野草

 2018年4月22日(日)
 摘み菜の日です。
  本日の探索



 小泉川周辺を歩いて探索しました。15日の予定でしたが、天候不良などのために一週間順延。一週間ずれてむちゃくちゃ暑くなりました。
 泉が丘の東にあたる、下海印寺川向イでは今、ツルニチニチソウがびっしり咲いてます。

ツルニチニチソウ

 カラスムギとイヌムギの違いを学習。マルバハッカ(アップルミント)やミツバがありました。タケノコの無人販売も。安いので、ちょっと買い物。

タケノコの無人販売

 ギシギシやカラシナは時期を逃してしまいました。これらは3月までですね。ノビルが見つかったので掘り取りました。

掘り取ったノビル

 タンポポはカントウタンポポ、セイヨウタンポポ。両方ありました。

タンポポの野原

 カラスノエンドウとスズメノエンドウがごちゃまぜに生えてます。

カラスノエンドウ

 オランダガラシが一部だけかたまって茂ってました。野生のクレソンです。白い花が咲いてます。

オランダガラシ

 今回は初めての企画でしたが、自然観察を兼ねた摘み菜は、毎年一回やってみたいもんです。

  2018.4.22 船越聡

 ヒメオドリコソウを拡大

第26回省エネカフェのチラシ
「食べられる野草の摘み草」
カフェのチラシ

極楽トップページ

省エネカフェのトップ

当ページ

地球の声に耳を傾けよう(アウトドア)

野の実を試食する

野草を試食する

カラシナと遊ぶ