省エネカフェ 第十二回
「モノが多すぎ!リデュースだ!」

省エネに関する意見とアイディアを交換するための「場」です。
ご意見、お待ちもうしております。

主催:エコノジー Econogy
お茶菓子

2015年1月12日(月・祝)
バンビオ1号館 会議室1








      始まる前のひととき
第十二回省エネカフェのチラシ
「モノが多すぎ!リデュースだ!」
カフェのチラシ
  こんなことを話しました・・・・



 この場でお喋りするのは、「瓢箪から駒」を期待してるからです。無責任に思いつきを喋ってやりとりしてるうちに突拍子もないことが生まれるのではと期待しています。

 今までは使用量のリデュースが多かったと思うけど、今回は物のリデュース。物を減らすにはまず、「買う」「使う」「処分する」の三方向で考える必要がある。一時的には廃棄物が増えても、物を処分していく必要がある。処分する時、「余計な物は買わない」を肝に銘じればプラスになる。物は存在するだけでコストを生む。シンプルな生活をめざしたい。物が多いと探し物をする時になかなか出てこないしね。

 年とってくると、物を増やすより減らしたほうがいい。死んだあとのことも考えんといかんし、残り時間で必要になってくる物もそんなに多くない。自分で方向を選択し、その方向に合わない物は整理処分したほうがいい。

 死ぬ時にモノがちょうどゼロになる。というのをめざしています。  要らないものを捨てる方向で部屋を整理中です。LP、CD、本、資料。捨てまくりです。なかなか思うようにかさが減りません。思い切りが足りないようです。捨てるということは自分の将来可能性を狭めてしまうという意識がある。生活空間をどうデザインするかということとも関係がありそうです。


 最近ではテーマが話題のきっかけにすぎず、話があちこちに転がっていく。やむをえないと判断して流れに任せることにしている。原発問題で意見が分かれた部分は面白いが、思うことはあっても意見を差し挟まなかった。テーマから外れるのでここには書かないことにする。


 次回もリデュース関連で「CO2削減」です。あまり難しく考えないで、日常レヴェルでやれることを考えたい。

 不要品を交換する場についての話題を出したが、帰ってから新聞でネットフリマの存在を知った。知らなかったほうがどうかしてる。遅れている。システムについてさっそく調べた。GarageSale(ガレージセール)というサービスがある。これはやってみる値打ちがある。

  2015.1.12  船越聡

極楽トップページへ

省エネカフェのトップへ

当ページへ